2009年1月9日金曜日

vol.84 AdWordsの戦略は正しいのか?

年末に入金したのにいつまでたっても掲載が始まらないAdWordsから8日になってやっとメールが来た。

ところが、広告の誘導先ページが掲載基準を満たしていないので訂正するようにという主旨である。

------------------------------------------------------------------------------
広告承認状況: 不承認
問題となる点: 会社概要またはウェブサイト運営者情報が必要
~~~~~~~~~~~
SUGGESTIONS :
-> コンテンツ: 次の連絡先情報をすべてウェブサイト上に表示してください。

-企業名/ウェブサイト運営者名
-電話番号またはメールアドレス
-住所
------------------------------------------------------------------------------

わたしは、この掲載基準、明らかにECサイトの基準であると思う。企業や、個人でもビジネスでが行う広告では必須であっても、個人サイトのアクセスを増やそうという意図で実施する広告に住所・電話番号は不要である。メアドがあれば事足りる。
そこで以下のように返信した。

------------------------------------------------------------------------------
上記理由で不承認とのことですが、電話番号、住所等を個人サイトに記入する気は毛
頭ありません。
不承認ならば、アカウント残高を以下の口座に返金処理してください。
------------------------------------------------------------------------------

すると、即レスで以下の返信が来た。

------------------------------------------------------------------------------
ソウダヒロシ様

平素より Google AdWords をご利用いただき誠にありがとうございます。

アドワーズ広告のアカウントに前払いで入金された場合は、アカウントの
残高全額の払い戻しを請求することができます。

払戻し請求を行うには以下の手順に従ってください。

1. まずはじめに、お客様のアカウントに設定されているキャンペーンをすべて削除してください。

2. お客様のアカウント管理画面で、[アカウント情報] タブを開き、[お支払い] をクリックします。

3. [お支払い] ページ中央にある、[払い戻しをリクエスト] をクリックします。

4. [払い戻し手続き] ページの全ての項目を入力します。

5. 全ての項目を入力したら、「リクエストの送信」ボタンをクリックします。

請求後、その時点でまだお客様のレポートに表示されていない未払い分のクリックが計上されるまでには、1週間ほどかかることがあります。
Googleで、すべてのクリックに対する料金を計上した後、最終払い戻し金額をお知らせするメールが、システムから自動的に送信されます。

次に、払い戻し請求フォームにて銀行口座情報をご登録されていないお客様宛に、 Google の支払担当より電話またはメールにて払い戻し請求の最終確認が行われ、お客様宛に払い戻し先銀行口座入力フォームが送付されます。

銀行口座情報をご返信頂いた後、お客様の指定口座宛に払い戻しが行われます。(払い戻し請求時に払い戻し先銀行口座情報をご登録いただいている場合は、自動的に払い戻しが行われます。)

お客様の国の銀行ネットワークに何らかの遅延が生じる可能性もあることから、振込みがお客様の口座に入金されるまでに払戻し請求をしてから 1 ヶ月から 3 ヶ月ほどかかる場合がございますのでご了承ください。

払い戻し処理が完了すると、お客様のアドワーズ広告アカウントの残高はお客様の銀行口座に払い戻され、ゼロとなります。

以上お手数ではございますが、お手続きの程宜しくお願い申し上げます。

なお、このたび、弊社ではセミナーポータルをオープンいたしました。
広告主の皆様にお役立て頂ける各種無料セミナーをご提供しておりますので、ぜひご参加下さいませ。
http://www.google.co.jp/adwords/start/edu.html#utm_source=ticket&utm_medium=footer&utm_campaign=aw

今後とも Google AdWords をよろしくお願い致します。
Google AdWords Team
------------------------------------------------------------------------------

そこで、指示通り手続きすると、以下のメールが来た。

------------------------------------------------------------------------------
お客様

お客様のアカウント残高全額払い戻しのリクエストを受理し、 広告の掲載を停
止いたしましたのでお知らせいたします。

Google では約 1 週間以内にお客様の銀行口座への振り込み手続きを開始し、
AdWords のオンライン明細に、払い戻しの処理ステータスと最終の払い戻し金額
を反映いたします。 払い戻しを完了するためにお客様のお振り込み先に関する
情報が必要な場合、事前にお客様に確認いたします。 銀行口座への払い戻しが
完了するまでには、さらに数週間かかることがありますのでご了承ください。

なお、払い戻し手続き中にAdWords アカウントの再開を希望される場合は、この
メールを受け取られてから 2 日以内に払い戻しのリクエストをキャンセルする
旨をメールでご連絡ください。お客様のご依頼に基づき、 払い戻し手続きをキ
ャンセルいたします。払い戻しのリクエストをキャンセルいたしますと広告掲載
が再開されます。 また、すでに払い戻し手続きが完了している場合は、アカウ
ントへご入金いただければ、 Google でご入金を確認後、広告掲載が再開されま
す。払い戻し手続き完了後も、 いつでもアカウントへのご入金が可能となって
おります。

払い戻し手続きに関してご不明な点がございましたら、このメールに直接ご返信
いただくか、 以下のリンク先をご覧ください。
https://adwords.google.com/support/bin/topic.py?topic=7006&hl=ja

平素より AdWords をご利用いただき誠にありがとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdWords Team
------------------------------------------------------------------------------

というわけで、なんともスムーズな流れで気持ちよく解約できた。(笑)
勝手な掲載基準を建前に、月1万円程度の個人広告主などさっさと追い出して、大口取引先のみにしてシステムを軽くしたい意図が見え見えである。
それとも日本法人のレベルの低さの問題なのか?
いずれにせよ、個人客を追い出そうとしていることは間違いないだろう。しかし、これ、戦略として正しいのだろうか?
誰でもいつでも広告が掲載できることを目指すのがリスティング広告という種類のものではないのか?
個人ユースの中にリスティング屋が気づかないニーズがあるのではないのか?


Overtureの方はというと、掲載開始メールが来ることもなく、6日から掲載が始まった。ま、こちらの対応の方が、IT系企業らしいのではないだろうか?

ソウダヒロシ プロフィール CONTACT

※懐かしのIT幕開け時代のブログ→ITトレンド2000

※食い物系のブログは→今日のメニュー2010

※環境系のブログは→環境トレンド2010

※進行中のプロジェクトのブログは→リンクアド・プロジェクト公式ブログ

1 件のコメント:

dsafa さんのコメント...

自分にも今日同じエラーが出ました